ANATOMY English

アナトミートレインズの簡略な歴史


トムに話を聞くと;
アナトミートレインズは、1990年代にロルフインスティテュートで筋膜の解剖学を指導していた時に、生徒が遊んで学べるゲームとして開発したものなんだ。 入手可能な解剖学の本は、全て”単一の筋肉”理論を前面に押し出しているけれど、アイダ・ロルフは常に”全ては、筋膜を介してつながっている”と主張しつづけていた。
グレープフルーツやヘチマのイメージを連想させる以外に、どうやってこれを現実として伝えられるのか?


生徒の知識を確実にするための単なるエクササイズのひとつとして、筋膜を介して筋肉群をひと続きにすることを始めてみた。
このアイデアは、Dr. ジム・オッシュマンから、文化人類学者であり、アレクサンダーテクニックの生徒でもあったレイモンド・ダートの記事(胴体の筋肉群を二重螺旋のアレンジでリンクしたもの:アナトミートレインズのスパイラルラインの一部としても表現される)をもらったことから始まった。
私は、これをベースとして、生徒が筋肉のひとつながりをソーセージのリンクのように(どこにつながっていても、あるいはどんなポジションになることがあっても、比較的ストレートなラインになるようなリンク)理解することができるように、ダートの考えを全身に拡大することにした。



この考え方をもとに、何度か指導をするうちに,このプロジェクト全体がより興味深いものとなり、友人であるアニー・ワイマンの助けを得て、このコネクションを体系づけることを始めたんだ。これによってラインの絵柄がより明確なものとなり始めた。
そうするうちに、自分自身がクライアントのアセスメントをする時にも、このラインが見えてくるようになり、セッション自体もこのラインに沿って組み立てていくようになった。



本の出版にむけての動きは,とてもハッピーな偶然として起こったんだ。メイン州で指導した、初期の、とても小規模のマッサージセラピストのためのクラスの生徒の一人が、このラインをとても気に入って”このラインをハワイでリー・ジョセフ(ストラクチュアルインテグレーション関連のボディワークの学校に関与)の生徒達に教えるわ!”と発言。そこで、この考えを自分の考えとして主張し,正しい情報として世の中に伝えていくためには、書き残すことが必要なのだということを認識することになった。
時を同じくして、レオン・チャイトウ、N.D.,D.O.(神経病理学医、整骨医)がボディワークとムーブメントセラピーの為のジャーナルを創刊することになり、彼の昔からの友人達皆に、このベンチャーのスタートになる記事の執筆を依頼していた。そこで、ラインに関する考えを記事として書くことになった。


これらのオリジナルのジャーナル記事が評判を呼び、出版社チャーチルリビングストーン(のちにハーコートに吸収され、又のちにエルスヴィアーに吸収される)から、この考えに関する本の執筆依頼を受けることになった。この本は2001年に出版され、そして今では英語の他、 7カ国語の言語(ドイツ語、ポルトガル語、イタリア語、韓国語、日本語、ロシア語、中国語)に翻訳をされている。



オリジナルの出版後、昔の文献の中に、私の考えに相似した考え方が見つかることに気づくことになる。
鍼灸の経絡はもちろんのこと、レオナルド・ダヴィンチのスケッチの中に、1930年代に活躍したドイツ人解剖学者ホープキ、そしてフランスのフランソワ・メジエールの業績に。


そして、その後、衝撃的に突然心に浮かんだこと、まるでダマスカスへの道のりにあったサウルのように。
それは、アナトミートレインズの概要は、アイダ・ロルフのストラクチュアルインテグレーションの10セッションのレシピを考察するための論理的なレンズとして使うことができるということだった。別の表現をすれば、これらのラインを漸進的に自由にしていくことを介して、レシピを僅かに構成し直すことも可能である、ということに気づいた。
そうして、Kinesis Myofascial Integration ( KMI )が誕生した。



ストラクチュアルインテグレーション(一般的にロルフィングとして知られる)は常に、”なぜロルフィングのセッションは、レシピ通りに進めていくのか?”ということを問いかけられた時、”えぇ、それはアイダが,そう言ったので、、、”と答えざるを得ない、重荷のようなものを課されていた。
アナトミートレインズは、このストラクチュアルインテグレーションのセッションの漸進に関して、プロにも一般の人々にも同様に理解できるような、理論的な理由付けを与えることができる。
生徒達もこれに同意する様相を見せ、以来、KMI ( Kinesis Myofascial Integration ) の資格認定も繁栄し、アメリカ合衆国、および他国におけるトレーニングを修了した有資格者の数も200人近くとなった。



1998年以来、アナトミートレインズに関するワークショップを200以上指導してきている。
驚くことに、アナトミートレインズに関心を持つ人々の層が,マッサージセラピスト達から、理学療法士、カイロプラクター、ヨガインストラクター、そしてパーソナルトレーナーへと広がってきている。
アナトミートレインズに対しての増加する需要が、私自身が実際に、同時にあらゆる現場で指導にあたることのできる範囲を越えたことで、サポートのための製品を作製し、また、多様な素晴らしいキネシスのファクリティー陣を養成することになった。そうして、アナトミートレインズの”ゴスペル:福音”体系化された我々の筋骨格系解剖学の観点の普及を行うことができているんだ。


現在では、アナトミートレインズの考え方をサポートする11のDVDプログラムが製作されている。
2本のアナトミートレインズの概観紹介ともいえるレクチャーDVDと、全てのラインをカバーする8つのテクニックビデオ、姿勢評価のためのボディリーディング101、それに加えて、プライマルピクチャーとの共同製作による素晴らしいDVD-ROMがある。




2004年、そして2006年には解剖研究室における人体解剖からの、何点もの写真、ビデオの記録により、アナトミートレインズを、人体に明白に存在するものとして確認することができた。この解剖を収録したDVDも作製されている。
指導陣の充実、学習マテリアルの複数の言語への翻訳、英語のアナトミートレインズのサイトにおけるインターアクティブフォーラムやアプリケーションセクション等により、アナトミートレインズは、神経筋筋膜のウェブを介して世界を繋ぐ、国際的な参加型イベントとなりつつある。